糖尿病の種類

糖尿病は、よく聞く生活習慣病の一つですが、発症した原因によって4つのタイプに分けられます。
一般的に言われる「糖尿病」というのは、2型糖尿病のことを言い、糖尿病患者の90%以上を占めています。



1型糖尿病

インスリンを作っている膵臓のβ細胞が壊れてしまい、インスリンの分泌がほとんどあるいは全くなくなってしまったタイプ。発症する原因ははっきりしていませんが、ウイルス感染によって発症することもあるようです。
小児期~思春期に発症しやすい傾向がありますが、あらゆる年齢層の人に発症する可能性があります。
生涯、身体の外からのインスリン補給(インスリン注射)が必要になります。

2型糖尿病

膵臓が作るインスリンの分泌量が少ないまたは働きが悪くなるために起こるタイプ。
日本の糖尿病患者さんの90%以上が2型糖尿病です。
中高年の人に多いタイプの糖尿病ですが、食生活の欧米化により最近では若い人や子供にも増えています。
糖尿病になりやすい遺伝的体質に過食・運動不足・肥満・ストレス・加齢・過度の飲酒・喫煙などの要因が加わって発症するとされています。
高血圧や高脂血症などと合併すると、脳梗塞や狭心症・心筋梗塞などが起こるリスクが高まります。

特定の原因によって起こる糖尿病

遺伝子の異常によるもの、ほかの病気や薬などが原因となってインスリンの分泌がなくなったり、うまく働かなくなるタイプ

妊娠糖尿病

妊娠をきっかけに血糖値が高くなるなど糖尿病の症状があらわれます。
肥満、家族に2型糖尿病の人がいる、高齢出産などの女性は血糖値が上がりやすい傾向があるようです。
多くの場合、出産後には正常に戻りますが、妊娠糖尿病になった女性は将来糖尿病を発症しやすいと言われています。


このページの先頭へ