糖尿病の症状

糖尿病患者

血糖値が高い状態(高血糖状態)を放っておくと血糖値がどんどん高くなり、糖尿病になってしまいますが、一体どんな症状が出るのでしょうか?

糖尿病は、サイレントキラーとも呼ばれ、初期段階では自覚症状がほとんどないので糖尿病を発症しても気づかないことが多いようです。しかし、糖尿病が進行すると次のような症状があらわれます。

尿の回数・量が増える

糖尿病は、血液中のブドウ糖が増えて血糖値が高い状態になっています。
そうなると腎臓は、血液中のブドウ糖を水分と一緒に尿として排出するので尿の回数や量が増えます。
また、尿にブドウ糖(タンパク質?)が混ざっているので、甘い匂いがしたり、泡立ちやすくなります。

喉が渇く

糖尿病になると尿の回数や量が増えて体内の水分が減るので、体が水分を欲して喉が渇きやすくなり、水分摂取量が増えます。

食べているのに痩せる

糖尿病になると血液中のブドウ糖をうまく取り込むことができず、エネルギーに変えることができません。そうすると筋肉や脂肪が分解されてエネルギーとして使われるので痩せてしまいます。

身体がだるく、疲れやすい

糖尿病になると血液中のブドウ糖をエネルギーに変えられず、体がエネルギー不足に陥っているので疲れやだるさを感じやすくなります。

このような症状が見られる場合は、すでに糖尿病が進行している可能性もあります。早めに病院を受診しましょう。
そして糖尿病が本格的に進行すると様々な合併症を引き起こしやすくなります。
合併症にかかると最悪の場合、失明や足の切断・人工透析など普通の生活を送るのが困難になったり、脳梗塞や心筋梗塞など生命の安否に関わる深刻な病気を発症するリスクが高くなります。


糖尿病が進行すると合併症の危険が高まる!

血糖値が高い状態(高血糖状態)というのは、血液の中にブドウ糖が溢れている状態です。
それは、血管が傷つきもろくなり、血液の流れが悪くなったりして血管が破れたり詰まりやすいということです。
糖尿病が怖いのは、高血糖を長期間放置して血管がボロボロになることで様々な合併症が引き起こされやすいという点です。

糖尿病の合併症には、体の中の細い血管が侵されることで起こる「糖尿病の三大合併症」と体の中の太い血管が侵されることで起こる「動脈硬化による合併症」があります。

 細小血管(細い血管が障害される)
三大合併症   糖尿病網膜症  網膜の血管が詰まり、出血したり、視力低下が起きる。最悪の場合失明。
 糖尿病腎症  体内の老化物をろ過して排泄する腎機能が低下。腎不全。人工透析
 糖尿病神経障害  手足の痛みやしびれ、感覚の鈍化、足の壊疽。


  大血管障害(太い血管が障害される)
動脈硬化による合併症   狭心症・心筋梗塞  心臓の血管に動脈硬化が起きるとなりやすい。糖尿病の人は、健康な人よりも2~4倍発症しやすい。
 脳梗塞  脳の血管で動脈硬化が起きるとなりやすい。糖尿病の人は、そうでない人よりも3倍以上発症しやすい。
 閉塞性動脈硬化症  足の太い血管に動脈硬化が起きることで発症しやすい。血流が悪くなり、痛みで歩行が困難になる。放っておくと潰瘍・壊疽を起こして最悪の場合、足を切断。


大血管障害は、太い血管で動脈硬化が起こり、進行することが原因です。

動脈硬化とは
動脈の血管壁が厚くなって弾力を失い、詰まりやすくなるなど血液がスムーズに流れなくなった状態をいいます。自覚症状はほとんどありませんが、進行すると脳梗塞や心筋梗塞などを起こすことがあります。
動脈硬化を促進する原因には、喫煙、加齢、ストレス、運動不足、遺伝などがありますが、糖尿病や高脂血症、高血圧などの生活習慣病との相互作用により危険度が増加します。


このページの先頭へ